転職エージェントはぐきの、キャリア逆転ブログ

Fラン大から奇跡の大手WEB広告代理店に新卒入社。今はCreateA合同会社で転職エージェントやってます。日常のこと、就活のこと、キャリアを逆転するための方法などを書いていきます。

少女漫画のような恋がしたいなら田舎に行け

 女の人がよく言う「少女漫画のような恋がした~~い!純愛した~~い!」という言葉を聞くとイライラするのは僕だけではないかと思うが(そういうこと言うやつに限ってビッチ率が高いから)、20代半ばに入ってしまうともう昔のような純愛なんてなかなか出来ないだろう。

 

 中学生の頃はみんなが一途でウブで、ヤリちんやチャラいやつなんて存在しなかった。女の子と話すだけで緊張し、手を繋ぐだけでドキドキしていたと思う(当時彼女のいなかった僕にはわからないが)。修学旅行の夜に「好きな人だれ?」で何時間も語れるくらいだ。実に微笑ましい。それが歳をとるにつれ異性を知り、やった女の数で自慢するような輩が出てくるような始末。誰でも昔は純粋だったはずなのに。。。

 

 女の人が信じているかわからないが、「純粋な男」なんてまずいない。口先では「浮気無理」とか「好きな人しかやれない」なんてやつがちらほらいるが、女の前でかっこつけているだけだ。女の子の想う「一途でウブで私だけを想ってくれる人」なんて、そんな人この歳になったら出会える訳がない。そんなやつ知り合いにはいない。

 

 ん?待てよ。いた。知り合いの中で何人かいる。それは、田舎に住む地元の友人達だ。彼らほど純愛でウブなやつらはいない。特別天然記念物にして国が保護するべきだ。20代で少年のような恋心をもったやつはもう彼らしかいないだろう。本日は「少女漫画のような恋がしたい」というビッチ達に田舎男性の素晴らしさを伝えたい。

 

純愛をしたいビッチに田舎の男性をオススメする3つの理由

f:id:haguki-kuzu:20140521105542j:plain

1.みんなウブ(みんな童貞)

 信じ難い話かもしれないが、田舎には童貞が山ほどいる。僕の地元の中学で考えてみても、学年男子の4分の1は未だに童貞だと思う。女友達なんかは一人もいなく、24歳にもなって女の子とまともに話せない。不思議なことが、彼らは決してコミュ障ではないという事だ。中学の頃から普通に友だちに囲まれて育ち、サッカー部や野球部に入部していたスポーツ系男子も多い。イケメンのやつだっている。田舎の面白い所が、コミュニティが小学校・中学校の頃から変わらないという事。大人になっても同級生と付き合い、コミュニティに新しい人が入るなんて事はほとんどない。だから女の子と知り合う機会もないし、自分からはまず新しいコミュニティに参加しようとしない。(他のコミュニティに入る術を知らないという方が正しい)肉食系女子からしたら、まさに純愛男子の宝庫みたいな所だ。きっと彼らなら手を繋いだだけで頬を赤くしてれるはず。

※注意※

反対に、スクールカーストで上位にいたようなやつらはものすごいヤリちんだったりするので見極めが必要

 

2.とにかく優しい

 田舎のやつらは とにかく優しい。東京の人にはない無償の優しさがある。なんで自分に利益がないのにここまで人に尽くせるのかと不思議に思う。例えば、僕が地元に帰省する時、必ず地元の友だちが車で駅まで迎えに来てくれる。僕の地元から駅までは車で30分かかるというのに、深夜だろうが早朝だろうがすっ飛ばしてくる。損とか得とかの思考がなく「友だちだから当たり前」と思っているみたいだ。友達でこれなら、彼女なら至れり尽くせりだろう。田舎の人はあんまり自分の意志を持っている人が少なく、目的を提示してくれる人を好む傾向がある。主導権を握りたいビッチ系女子にはもってこいの獲物と思う。

 

3.絶対に浮気をしない

  1で記載した通り、そもそも出会いが少ないし、新しいコミュニティに参加する術を知らないため、浮気の心配は必要ない。男同士で何年も遊んで満足するようなやつらだ。しかし、彼女の浮気には寛容ではないから要注意。童貞とは傷つきやすい生き物。相手が浮気しない代わりに自分も浮気しない覚悟で付き合おう。

さいごに

 僕は童貞が大好きだ。勘違いされる前に言っておくとちゃんと女の子が好きだ。童貞の人が好きなのではなく、童貞の思考が大好きだ。小さいことでウジウジして、女の子の何気ない一言に一喜一憂したりする。勝手に期待して、裏切られて、その度に自分の中で成長していく。何もしていないくせに。そんな人間臭さが童貞にはある。付き合うことにいちいちいらん事まで考えて、自分の偽善の心を裏切れないために貴重なチャンスを失う。そんなやつが面白くない訳がない。付き合う事を軽く考え、やりまくっているパッパラパーのやつと話しても奥深さがないに決まっている。漫画で言えば「悪の華」「おやすみプンプン」なんかは童貞の素晴らしさが表現されている良い作品だ。是非皆さんに読んでみて欲しい。もちろん、僕が足を踏み入れたリア充の世界には童貞がいない。童貞心を持ったセカンド童貞みたいな奴もいない。童貞が経済を動かし、童貞が社会を変える。そんな事ができたら楽しいのになぁ。(ちなみに僕はセカンド童貞)