転職エージェントはぐきの、キャリア逆転ブログ

Fラン大から奇跡の大手WEB広告代理店に新卒入社。今はCreateA合同会社で転職エージェントやってます。日常のこと、就活のこと、キャリアを逆転するための方法などを書いていきます。

学校の先生や会社の上司の話がタメにならない3つの理由

 僕の人生を振り返ると、学校の先生や会社の上司の話がタメになった経験が全くない。僕の価値観を広げてくれたのは、学校の先生ではなく"漫画"や"アニメ"だった。人生の転機は全て、別のコミュニティの第三者との出会いによって生まれた。彼らの言葉は一つも僕の心に残っておらず、参考にしても良い思いをしたことは1回もなかった。

 なぜだろう。なぜ心に響かないのか。なぜ良い方向へ導かれないのか。その謎について少し考えてみた。あくまで自分の経験ベースの完全な偏見による考察だが、読んで頂けると有り難い。※もちろん全ての組織(特に同じ目標を持った少人数のベンチャーなど)に当てはまる訳ではないというのを理解して読んで欲しい。

 

学校の先生や会社の上司の話がタメにならない3つの理由

f:id:haguki-kuzu:20150116181955j:plain

1、組織で評価される方法しか教えてくれないから。

 学校の先生がくれるアドバイスというのは「偏差値を上げる方法」や「内申点を上げる方法」。会社の上司がくれるアドバイスは「会社での仕事のやり方」や「会社の売上の上げ方」。当たり前だが、彼らはその組織で評価される方法しか教えてくれない。これは批判ではなく、それが彼らの"ミッション"なのだから当たり前。彼らにとってはそれを教えることが正解。しかし、偏差値を上げたところで僕の人生が豊かになるわけではない。会社の売上に貢献したところで僕個人の目標が叶う訳ではない。僕には僕の目標があり、その実現のために必要なスキルを盗むのが"学校"や"会社"という場所。その代わりに偏差値を上げることに協力したり、売上を上げる事に貢献したりしている。そういう利害関係で出来ている場所なのだ。

 「偏差値を上げること」や「会社の売上を上げること」は僕の目標の実現には直接的には参考にならないので、「タメにならない」と感じるのだろう。"学校"や"会社"を批判している訳ではなく、そもそも利害の一致で出来ている関係なのでそれ以上のものを期待する方がおかしい。たまに「偏差値を上げること」や「会社の売上を上げること」が目標になっている人がいるが、自分の人生はどうするつもりなのだろうか。そういう人は会社が潰れてしまった時にどうするのだろうか。

2、価値観が凝り固まっているから。

 これは全員に当てはまる訳ではない。長年先生をやっている人や長年同じ会社にいる人に当てはまるケースが多い。長い間同じ組織に居てしまうと、違う環境にいる人との出会いが少ないので異なった価値観を聞く機会がなく、その組織の価値観が"正解"だと信じて柔軟性がなくなってしまうのだろう。特に、先ほど述べたような「偏差値を上げること」や「会社の売上を上げること」が目標になってしまっている人が多い。組織の目標を長年追い続けるあまり個人の目標との境目がなくなり、いつしか組織の目標が個人の目標になってしまっている。当たり前だが、こうなってしまった人達から学ぶことは一つもない。

3、そもそも目指している"目標"が違うから。

 同じ組織に居るとはいえ、個人個人に実現したい目標がある。1で述べた通り、"学校"や"会社"は利害の一致で集まっている団体なだけだ。先生や上司の目標と自分の目標は全く異なるので、目標の実現のために参考になる話はほとんど聞けない。当たり前だ、同じ目標を持って集まった組織ではないのだから。目標の実現に対しタメになる話をしてくれる人(目標が一致する人)は、"学校"や"会社"という限定された中で探すよりも外の世界にたくさんいる。もちろん、同じ目標を持った少人数のベンチャーなら話は別だが。

大事なことはいつも外の世界が教えてくれる。

 人は成長していくものだ。思考して行動することを続けていれば、目標は年々変わっていくだろう。一つ一つ実現し、また新たに目標が出来ていく。一つの組織に居続けていれば、いつまでも成長する前の古い自分の目標に縛られるだけだ。新しい世界を知り、新しい目標を立て、新しいコミュニティを増やし、更に思考と行動をしていく。このサイクルを続けるべきだと僕は思う。"学校の先生"や"会社の上司"のことをいつまでも崇拝し、いつまでも目標にし、いつまでも話を参考にしていたら、"あの頃の自分"から脱することは出来ない。

 外の世界には楽しい事がたくさんある。彼らの話に縛られるのは勿体無い。