読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職エージェントはぐきの、キャリア逆転ブログ

Fラン大から奇跡の大手WEB広告代理店に新卒入社。今はCreateA合同会社で転職エージェントやってます。日常のこと、就活のこと、キャリアを逆転するための方法などを書いていきます。

「同じ会社に最低何年働いた方がよいか?」には、やっぱり答えはないと思う。

 久しぶりの更新。長く期間が空いてしまった。考えながらブログを書くことが多いので、「書こう!」と気合を入れないとなかなか書けない。なので、今回は思ったことをダラダラと書いていこうと思う。とにかく思いついたことから殴り書き。

本題に入る前にちょっと友人の話。

 最近前職の同期だった友人が起業した。(よかったらリンク見てね!)

kimukaz-blam.hatenablog.com

 彼とは前職の内定者アルバイトの時に同じ部署で働いていて、とても仲が良かった。初めの印象は優等生。Fラン大学卒で何の知識もなくタイピングもろくに出来ない僕は、千葉大学卒で自信を持っていてタイピングもマスターしている彼に対し「これが大企業に入るようなエリートか!」という印象を持っていた。

 

 しかし、仲良くなってみると印象とは全く別。僕のクズな過去の話には毎回爆笑。業務中にも関わらず暇があると変顔。皆が意識の高い話で盛り上がっている飲み会の席で、下ネタでちゃちゃを入れる。「社会人になってもこんなくだらないことするやつ、自分以外にもいたのか!」と驚いたのを覚えている。勝手に高学歴の人を毛嫌いしていたコンプレックスの塊だった当時の僕に、「高学歴でもおもろいやつがいる!」という事に気づかせてくれたのが彼だった。

 そんな彼が、先月に会社を辞めて起業した。僕は会社を辞めて社員2名のスタートアップに就職したので、起業した彼と同じ立場というのは大変恐縮だが、それでも同じスタートアップで働く身となってくれた事に本当に嬉しく思う。同じ会社に新卒で入社し、同じ部署で働き、同じく2年以内に会社を辞めてスタートアップに身を投じた彼でないと、共感し合えない話題もたくさんある。そういう仲間が出来た事が素直に嬉しい。

f:id:haguki-kuzu:20150501025816j:plain

(内定者アルバイト初日に彼と撮った写真)

「石の上にも3年」は信じるべきか。

 よく「石の上にも3年」という言葉を聞く。「新卒で入社した会社では3年は働いた方が良い」という言葉だ。しかし、この意見には僕は完全に反対だ。社会人になれば誰もが気づくと思うが、勤続年数と能力は全く比例しない。正直な話、1年目で3年目の人より優秀な人もいれば、3年目で1年目の人より仕事が出来ない人もいる。それほど仕事のスキルには個人差がありすぎる。「○年は働いた方が良い」の、○は人によってバラバラになるはずだ。ものすごく優秀な人にとっては1年で十分な場合もあるだろう。

 あとは完全な僕の個人的な意見だが、与えられた仕事に対し何年も似たような作業をするのは苦痛だ。自ら選んだ好きな仕事ならまだしも、自分で選択していない仕事を年単位で行う。これが出来ないという人がいるのはごく自然のことだ。よく「目の前の仕事に本気になれないやつが、やりたいことに本気になれるのか」という根性論を言う人もいるが、そんな根拠もない根性論を聞いて自分の貴重な年単位の時間を無駄にするのは勿体無い。職を変えたら本気になれた人なんて山ほどいるだろう。今の職業が本気になれないならすぐに辞めた方が良い。

f:id:haguki-kuzu:20150501034128j:plain

画像の引用元:http://booklog.jp/item/1/409188377X

2年以内に会社を辞める事は不利なのか?

 「1年半で会社を辞める決断よく出来たね!」としょっちゅう言われるのだが、あの時は皆ほど深く考えていなかった。「やりたいことがあるから辞める」。それしかなかった。自分の市場価値とか今後のプランとかはあまり考えていなかった。

 「2年以内に会社を辞めると不利なのか?」。この答えについては、

転職なら「YES」。

起業なら「NO」。

だと僕は思う。

 転職においても企業によってはマイナスにならないところもあるかと思うが、やはり「○年以上働いた経歴」とか「転職○回以下」などを設定している企業は多い。プラスかマイナスかで言ったら確実にマイナスだと思う。大企業に入社するのが夢でキャリアアップを目指している人は確かに一つの職種を極める必要があるかもしれない。

 しかし、起業においては確実にNOだと思う。企業で学べる専門的なスキルや知識は、少人数の組織においてはお金にならない事が多い。これは僕も完全に甘く考えていた事なのだが、サラリーマンからスタートアップを経験した人の多くが、意外にも自分のスキルは儲からないと実感すると思う。大企業で学んだ専門的なスキルは、専門的すぎて一人で網羅ができない。全く商売にならない。もちろん役に立たない事はないのだが、それだけではお金にならないということ。一から事業を立ち上げる方法だったりとか、人脈作りだったりとか、起業に必要なスキルや知識は数え出したらキリがない。起業を目標にしたら一つの会社で専門的なスキルを何年も学ぶ事は100%正解ではないと思う。(もちろん、専門的な知識がそのままお金に繋がるケースも多いと思うが。)

f:id:haguki-kuzu:20150501033935j:plain

結論、人によるに行き着く。

 今まで散々書いたように、結論人によると僕は思う。よく「最低何年働いて起業した方が良いですか?」なんて聞く大学生がいるけれど、そんなくだらない質問はやめよう。「1年で辞めて絶対後悔するぞ」という会社の先輩が現れるかもしれないけれど、愛想笑いでもしておこう。ありきたりの言葉だが「正解などこの世にない」。自分を信じるべき。

 なんかうまくまとまらなかったし、結局何が言いたいの?という文章だった気もするが、ふと思ったのでダラダラ書いてみた。